MENU
プログラミング言語解説

C言語とは?出来ることや平均年収を解説【入門】

C言語

様々なプログラミング言語の中でも特に知名度が高いのが、C言語です。C言語は40年以上の長い歴史を誇っており、初心者向けではないものの安定してコードが書ける言語だと言えるでしょう。今でこそJAVAやRuby、PHPといった様々なプログラミング言語がありますが、利用率や人気が高いので学んでおいて損はありません。

それでは、C言語とは何か、どんなことができるのか、平均年収をご説明しましょう。

C言語は現役プログラマーがおすすめする言語第3位に選ばれました!
記事の末尾で紹介します。

C言語とは

  • 40年以上の歴史
  • 処理速度が速い
  • C言語を覚えれば他の言語にも応用できる
  • 求人数が多い

C言語とは1972年に開発された元祖プログラミング言語と言っても過言ではなく、40年以上の歴史を誇っています。

C言語は様々なプログラミング言語の中でも処理速度が高く、今日に至るまで数え切れないほど多くのソフトウェア開発やシステム開発に役立ってきました。

処理速度が速い

C言語の特徴の一つとして挙げられるのが、コンパイル方式です。

コンパイルとはエンジニアが書き起こしたプログラムをコンピューターが読み取れるように翻訳してから処理を開始する方法です。コンパイルによって最初から機会が読み取りやすいように翻訳してくれれば、一貫した処理ができます。

逐一翻訳するものではないことから高い処理速度が発揮されるため、様々なソフトウェア開発やシステム開発がスムーズにできるのです。

また、度重なる改良や機能の追加などを行っても処理速度は高いままなので、安心して活用し続けられるのも嬉しいポイントです。

初期のコンピューターが普及し始めた時から存在するC言語は様々な言語を生み出すほどまでに影響を与えています。今でこそオーソドックスな言語ですが、JAVAやPHP、Perl、Pythonなど様々な言語はC言語があったからこそです。

C言語を覚えれば他の言語にも応用できる

C言語を一通り学ぶことによって他の言語も理解できるようになり、エンジニアとしての経験やスキルを身に着ける最初の土台として申し分ありません。

代わりにC言語は少しハードルが高い言語なので、勉強するのに苦労するかもしれません。ですが、

C言語はコンピューターの動作が理解できるようになりますし、仕事の幅が広がるといったメリットがあります。メモリやCPUなどのコンピューターの中心ともいえる部分は主にC言語が利用されており、パソコンを正常に動作させるために欠かせないものです。

求人数が多い

C言語は今でも需要が高い言語なので求人数も安定しています。様々な開発に携われることから転職やキャリアアップも目指せますし、他の言語も理解しやすくなることから非常に汎用性が高いのも特徴です。

国内外を問わず需要が高く、月収や平均年収も高めなので習得するのに長い期間をかけるだけの見返りは十分にあるでしょう。

国内で重宝されることはもちろん、海外企業への就職や転職も目指せます。ハードルが高いとはいえ、今後のことを考えるなら最初にC言語の勉強を始めることも選択肢のひとつです。

C言語を身に着けると出来ること

  1. ソフトウェア開発
  2. OS作成
  3. ゲーム開発

先述したとおりC言語は非常に汎用性が高く、これまで積み上げてきた経験と実績によって高い評価を得てきました。今現在でも様々な企業でC言語が活用され続けており、数多くの現場で開発が行われています。大規模なシステムからゲーム開発まで思いのままなので、初心者でも学んでおいて損はありません。

それでは、C言語を身に着けるとできることについてご説明しましょう。

①ソフトウェア開発

C言語はこれまでに大規模なソフトウェア開発に使われている実績があり、売上管理やコスト管理、社員の個人情報や給与情報を取り扱うシステムなど重要かつ大規模なシステムの開発に役立っています。

C言語が現在に至るまで使われてきたのは信頼や実績の面もありますが、何より処理速度が高いことが挙げられます。

処理速度が低いと、ソフトウェアや様々なシステムにおいて改良や機能の追加などを行う時にスムーズにできません。処理速度が高いほど有用なシステム開発に繋がるため、C言語は長い歴史の中で活用されているのです。

②OS作成

OSとはオペレーションシステムのことであり、本来であれば非常に高いスキルや経験を持っている人でないとOSを作成することはできないと考えるでしょう。しかし、実は世にある一部のOSの根幹はC言語によって作成されています。

つまり、古くからあるプログラミング言語でもOSが作成できるということになります。これならC言語について勉強していれば誰でも個人のOSが作成できるでしょう。

③ゲーム開発

ゲーム開発の根幹は、ゲームを正常に動作させるためのプログラムを作成する必要性があります。プログラミングが正常に動作しなければエラーやバグなどが頻繁に発生してしまうため、優れたスキルや経験が求められるでしょう。

実はそうしたプログラミングにもC言語が使われていて、大手ゲーム会社でも採用されているほどです。

もちろんゲーム開発はC言語だけではできないので他の言語を学ぶ必要性がありますが、みんなに楽しんでもらえるゲーム開発を支えていると言えるでしょう。

C言語の平均年収は約500万円~900万円

C言語は開発されてから40年以上経っているにもかかわらず人気が高いプログラミング言語であり、その汎用性の高さから多くのエンジニアが使用しています。

求人件数も非常に多いことから、数多くの企業がC言語を使える人を積極的に採用していると言えるでしょう。

C言語エンジニアの平均年収は、およそ500万円~900万円となっています。さすがに開発されてから40年以上も経っていると別の新しい言語に人気が集まることも多くあるため、平均年収の面でも少し下がっている印象が見受けられます。

特にC言語は学習難易度が比較的高めなので、初心者が一通り学ぶのに時間がかかるのも一つの要因かもしれません。

しかし安定した求人数と高いニーズによって必要とされる現場が数多くあるでしょう。将来性が非常に高いAIの開発にもC言語が使われるため、高い年収を稼ぎつつも活躍の場があるというのは大きなメリットです。

C言語を0から学ぶためには【入門】

C言語を学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。C言語の基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • 40年以上の歴史を誇る
  • 今でもC言語を利用する人が多いほど人気が高い
  • 学習難易度が高いので中級者向け
  • 様々なソフトウェアやゲーム開発に使われており、OSも作成できる
  • C言語エンジニアの平均年収は500万円~900万円

C言語は○○位!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!
\外出不要で説明会に参加/
今話題の国内No1プログラミングスクール!いまなら参加者限定特典あり。
TECH::CAMPオンライン説明会
\【参加者特典あり】外出不要の説明会/
TECH::CAMPオンライン説明会