プログラミング言語解説

Java Scriptとは?出来ることや平均年収を解説【入門】

JavaScript

JavaScriptはプログラミング業界の中で最も知られているといっても過言ではないほど、認知度が高い言語です。

昔から使われている言語ではありますが、その優れた多様性からWebサイトやアプリの開発及び制作、さらにゲームやloT、人工知能の開発など数多くの分野で活用されています。

安定して活用される言語なので、他の言語と並んで学ぶ必要性があるのではないでしょうか。それでは、JavaScriptで何ができるのか、平均年収などをご説明しましょう。

JavaScriptは現役プログラマーがおすすめする言語第6位に選ばれました!
記事の末尾で紹介します。

Java Scriptとは

  • Webサイトを開発する上で必要不可欠
  • 全プラットフォームで動作するアプリが開発
  • 仕事の幅が広い

JavaScriptは登場してから不動の利用率を誇っているプログラミング言語であり、Webサイトを開発するのに必要不可欠な言語です。今現在存在しているWebサイトのほとんどはJavaScriptが根底にあり、サイト上の様々な動作を支えています。

JavaScriptはJAVAと非常に名前が似ていますが、当時使われていたJAVAがかなりの人気だったのでJavaScriptにしただけの全く違うプログラミング言語です。確かにJAVAも大変使い勝手が良いですが、それ以上にJavaScriptの方が欠かせない重要な言語として利用されています。

Webサイトを開発する上で必要不可欠

JavaScriptがWebサイトを開発する上で必要不可欠であり、高い需要があります。

基本的にWebサイト上で動作させるにはHTMLとCSSが必要ですが、それだけではユーザーにとって使いやすく見やすいサイトにはなりません。

つまり、スムーズに動作して次に行う動作が明確にさせるにはJavaScriptがなければなりません。

ほとんどのWebサイトはJavaScriptを効率良く書き込むことによってユーザーが獲得できるサイトに仕上がっているのです。

全プラットフォームで動作するアプリが開発

さらにJavaScriptは多彩なアプリケーションを開発及び制作ができるのも大きなポイントです。「Electron」というライブラリを利用することで、WindowsやMacなどの全プラットフォームで動作するアプリが開発できます。

スマホのアプリ開発も可能で、UIデザインも作成できるなど利用可能範囲が非常に広いです。つまり。JavaScriptはライブラリやフレームワークを通してパソコンやスマホの様々なアプリケーションを開発できる万能言語となっています。

仕事の幅が広い

JavaScriptが使えないWebアプリは実質的に存在しないため、仕事の幅も非常に広いことから求人数も安定しています。

仕事内容のバリエーションも豊富で、自分が得意とする分野の開発に携わりやすいのも嬉しいポイントです。需要は今後も変わらず上がり続け、自分のスキルや経験に合わせて仕事ができるとなればJavaScriptがどれだけ利用率が高いのかが分かりますよね。

就職や転職はもちろん、派遣社員としても重宝されますし、JavaScriptエンジニアのフリーランスとして働くなど働き方も様々です。実際にJavaScriptを勉強するのは大変かもしれませんが、今後の需要の高まりに期待して今からでもJavaScriptを勉強するのは遅くないのではないでしょうか。

Java Scriptを身に着けると出来ること

  1. Webアプリの開発
  2. イベント処理
  3. 非同期通信

JavaScriptは実に基本的なことができますが、その基本的なことができてこそ数多のサイトやアプリを支えていると言えます。特にユーザーにとって使いやすいサイトを作るためには、JavaScriptがなければ話になりません。

それでは、JavaScriptを身に着けるとできることについてみていきましょう!

①Webアプリの開発

最もJavaScriptが使われているのが、Webアプリの開発です。

特にJavaScriptが欠かせない部分は、HTMLとCSSを動かすことです。HTMLとCSSによってWebサイトに動きを加え、ユーザーにとって見やすく目的に誘導しやすいサイトが作れます。

例えばJavaScriptによってHTMLを動作させると、クリックすると動作する動きを加えることができます。

CSSを動作させると見た目が変えられるので、HTMLと組み合わせることで無限の可能性があるのです。いかにサイトを印象強く見せられるかは非常に重要なので、JavaScriptによるコードの書き方が重要だと言えるでしょう。

②イベント処理

JavaScriptを活用すれば様々なイベント処理もできるようになります。例えばHTMLのようにクリックしたら動作するプログラムを導入したり、チェックしたら次の動作が起こるプログラムを作ったりと様々なイベントが起こせます。

これもWebサイト作りに応用すれば、工夫次第で集客効果が期待できるサイトになるでしょう。その他にもダブルクリックやキーボードからの入力、マウスを動かしている時やマウスのドラッグやドロップなど、イベント処理は多岐に亘ります。

③非同期通信

非同期通信とはリアルタイム通信を可能にする機能です。通常、次に開きたいページをクリックすると、そのページが開くまで数秒かかります。これはサーバーが処理を行い、終了次第ページを表示させているからです。

しかし、何分かかってもページが表示されない場合はサーバーからの応答を待っている状態であり、応答がない場合は該当ページを開くことができません。しかし、非同期通信であればサーバーの応答を待たなくても次々に処理が行われます。

地図を開いている時に地図を動かしても動作が止まらないのは、非同期通信が行われているからです。

Java Scriptの平均年収は750万円~950万円

JavaScriptとは最もオーソドックスなプログラミング言語の一つであり、世界中でも幅広く活用されています。特にJavaScriptはHTMLやCSSを直接操作できる重要な役割があるため、様々な企業が活用していることから求人数や月収が安定しているのもポイントです。

そんなJavaScriptエンジニアの平均年収は、およそ750万円~950万円となっています。もちろんこれはあくまで相場であり、スキルや経験を積み重ねればもっと稼ぐことも可能です。

働き始めたばかりの頃は500万円前後の年収が相場ですが、仕事に慣れてもっとスキルや経験が活かせるようになれば次第に年収が上がっていくでしょう。

Web開発において必要不可欠である点だけでも、JavaScriptを学ぶ価値は十分にあります。JavaScriptだけでも一般的に扱えるようになれば、仕事内容も豊富なので就職や転職には困りません。興味がある人は、JavaScriptを勉強してみてはいかがでしょうか。

JavaScriptを0から学ぶためには【入門】

JavaScriptを学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。JavaScriptの基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • 今もなお活用範囲を広げる言語
  • 世界中で欠かせない言語
  • HTMLやCSSを動作させるのに欠かせない
  • JavaScriptとJAVAは全く違う言語
  • 平均年収は750万円~950万円

JavaScriptは○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!