MENU
プログラミング言語解説

C#とは?出来ることや平均年収を解説【入門】

C#

C#とはC++と並んで馴染み深いプログラミング言語であり、今もなお一線級で活用され続けています。

C言語やC++、C#と似たような言語がありますが、これらは似ているようで用途が違うので習得する際にはどんな違いがあるのか知っておく必要性があるでしょう。

C#は需要が高く、求人数も安定しているので就職先や転職先に困ることはないのではないでしょうか。

今回はC#でできることや平均年収についてご説明していきます!

C言語は現役プログラマーがおすすめする言語第3位に選ばれました!
記事の末尾で紹介します。

C#とは

  • 2000年にマイクロソフト社が開発
  • JAVAとC++の良いとこどり
  • 初心者に優しい
  • ゲーム開発に向いている

C#とは2000年にマイクロソフト社が開発したプログラミング言語であり、主にWindows系統のアプリケーションを開発するのに適しています。

今現在でもバージョンアップが繰り返されており、多くの機能が追加されていることで様々な開発に着手できるようになっているのが特徴です。

C#だけでもできることが多いので習得するのは少し大変ですが、それだけできることが多いので習得した後の選択肢が多いのは大きなメリットでもあります。もちろんC++やC言語と似ている部分もあるため、C#が習得できればこれらの言語も理解できるでしょう。

勘違いされやすいですがC++やC言語とは似ているところはあるものの、全く違う言語です。

JAVAとC++の良いとこどり

C#は簡単に言うとJAVAとC++の良いとこどりのようなプログラミング言語で、コードが書きやすいという特徴があります。

コードが書きやすいということで難しいプログラムを書く必要性がなく、それだけ開発効率がアップします。

初心者に優しい

C#を習得するメリットは、何といってもその後の開発が初心者にとって優しいということです。個人でC#を使って何かを開発したいなら総合開発環境のVisual Studioを活用すれば、初心者でも簡単に開発が始められます。

Visual Studioは優れた入力候補機能が搭載されているため、開発する際に必要なメソッドの名前を憶えていなくても入力候補から選ぶだけでいいので開発のスピードが向上します。特に便利なのは、C#だけでWindowsやMac、androidやiPhoneなど様々なアプリケーションの開発ができることです。

通常、アプリケーションを開発するためにはC#だけでなくその他の言語を習得する必要性があります。しかし、C#だけでアプリケーションを開発することができるため、C#以外の言語を習得する必要性がないのです。もちろんスムーズに開発するためには他の言語を習得する必要性があるものの、一つの言語だけで様々なプラットフォーム向けのアプリケーションが開発できるのは大きなメリットです。

ゲーム開発に向いている

プログラミング言語を活用してゲームを開発したい人にもC#がおすすめです。C#はUnityというゲームエンジンを利用すれば、手軽に高品質のゲームが開発できます。

基本的にゲーム開発は難しいと思うのが当然ですが、C#さえ習得すればだれでもゲームが開発できるなんて夢のようです。

このようにC#だけで様々なことができるので、多少難易度が高くても是非習得したいプログラミング言語です!

C#を身に着けると出来ること

  1. ゲーム開発
  2. Webアプリケーションの開発
  3. スマホアプリの開発

マイクロソフト社による強力なサポートがある中、C#はWebアプリケーションの開発からゲーム開発まで様々な開発ができます。他の言語と組み合わせることで効率良く開発が進められるのはもちろん、最新技術にも応用できる強みがあります。

それではC#を身に着けるとできることについてご説明いたします!

①ゲーム開発

C#はWebアプリケーションやスマホアプリの開発だけでなく、ゲーム開発にも使われている言語です。

C#でゲーム開発を行うには『Unity』というゲームエンジンが必要ですが、これさえあれば細部にまでこだわったゲームの開発が可能になります。

Unityは本来プログラミングを行わなくても2Dや3Dなどのゲームを作ることができますが、細部にまでこだわったゲームを開発するにはプログラミングを行わなければなりません。

つまりC#を習得していればこだわりぬいたゲーム開発ができます!

②Webアプリケーションの開発

C#は主にWebアプリケーションの開発ができます。

今までは基本的にWindowsでしか動作しませんでしたが、今現在ではMacを初めとするOSでも動作するため、実質的にOSに左右されることなくWebアプリケーションの開発ができます。

特に有用なのはVisual Studioによって初心者でも簡単にフォームアプリケーションが開発できることです。

さらにASP.NETというWebアプリケーションのフレームワークも利用可能で、サンプルが用意されていることから初心者でもサンプルを見ながら開発が進められるのがポイントです。

③スマホアプリの開発

C#はそのままではスマホアプリの開発はできませんが、Xamarinという開発ツールによってクロスプラットフォームに対応しています。

つまり、XamarinのおかげでWindowsやMacだけでなく、iPhoneやandroidでのアプリ開発に着手できるようになったのです。

Webアプリケーションの開発に注力してきた中で、スマホアプリの開発に参入できたのはマイクロソフト社にとって大きな前進です!

C#の平均年収は450万円~650万円

C#はC++やC言語と似た機能を持っていますが、違うところも多いので別途で考える必要性があります。特にC#は主にゲーム開発にも活用されていて、様々な現場で活用できるプログラミング言語だと言えます。

そんなC#エンジニアの平均年収は450万円~650万円となっています。これは未だにC#が扱えるエンジニアを必要としているからであり、今もなお求人数は安定しています。

マイクロソフト社が何度もバージョンアップを繰り返しており、最新技術にも応用されているなどC#を必要とする企業はこれからも増え続けるでしょう。

初心者が初めから習得するのは少し難しいですが、マイクロソフト社によるサポートが非常に充実しているのも嬉しいポイントです。

C#に関する情報も多くあるため、勉強する際に情報がなくて困ることもありません。

C#を0から学ぶためには【入門】

C#を学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。C#の基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • 何度もバージョンアップされている
  • C++やC言語とは似ているようで違う
  • 様々な端末で開発が進められる
  • 習得難易度は若干高いが、C++やC言語が分かれば理解できる
  • 平均年収は450万円~650万円

C#は○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!
\外出不要で説明会に参加/
今話題の国内No1プログラミングスクール!いまなら参加者限定特典あり。
TECH::CAMPオンライン説明会
\【参加者特典あり】外出不要の説明会/
TECH::CAMPオンライン説明会