MENU
プログラミング言語解説

WindowsPowerShellとは?出来ることや平均年収を解説【入門】

WindowsPowerShell

みなさんはWindowsPowerShellという言葉を聞いたことはありますか?WindowsPowerShellとはマイクロソフト社が開発した全く新しいコマンドラインインターフェースのCUIであり、スクリプト言語です。WindowsPowerShellによってこれまで苦労していた作業が楽になるなど、様々なメリットがあります。

Windowsを使用している人にとってWindowsPowerShellは欠かせないシステムだと言えます。

今回はWindowsPowerShellでできることや平均年収などについてご紹介いたします!

WindowsPowerShellとは

  • WindowsPowerShellはキャラクターユーザーインターフェース
  • 文法や用法が共通

WindowsPowerShellはキャラクターユーザーインターフェース

WindowsPowerShellは2006年に開発されたCUI、いわゆるキャラクターユーザーインターフェースであり、それまでに使用されていたものと全く違う革新的なCUIです。

CUIとは文字を入力すればプログラムが動かせるというもので、これまではコマンドプロンプトに頼っていました。

コマンドプロンプトとはユーザーに入力を促すためのコマンドラインツールですが、作業に時間がかかったりコードが複雑になったりと様々な欠点がありました。

そもそもWindowsでは、WindowsPowerShellが開発される前まで高品質のコマンドラインツールを開発していませんでした。

そのせいで同じ作業を長時間続けなければならなかったり、大量のデータをファイルを処理するのに時間がかかったりと散々です。

今現在ではWindows7から標準搭載されており、7はバージョン2、8はバージョン3、8.1はバージョン4、そして10は最新のバージョン5が標準搭載されています。

標準搭載されているなら環境構築を作成する必要性がありませんし、開発環境も用意されているのですぐにでも開発及び制作に取り掛かれるでしょう。WindowsPowerShellのメリットは、何といっても文法や用法が共通しているので大変分かりやすいことです。

文法や用法が共通

Windowsを操作するための機能を動作させる命令のことをコマンドレットと言いますが、このコマンドレットの形式は基本的に『動詞-名詞』になっているので、英文が苦手でも内容が理解しやすいです。

コマンドレットの操作に慣れるほど内容が直感的に把握しやすくなるので、コマンドレットに内容を書き込みやすくなります。

英単語で組み合わされた内容から、どんな内容が書き込まれているか推測しやすいのも大きなポイントです。さらに混乱せずスムーズに書き込めるだけでなく、誰が見ても読みやすい内容になることからメンテナンス性も高いです。

タスクの自動化や見える化により、監査がしやすくなります。監査によって内容を確認した時、WindowsPowerShellであればどんなユーザーがいつタスクを実行したのかが分かりますし、どんな結果になったのか、なぜエラーが起きたのかが分かりやすいです。

作業の自動化や監査が行き届きやすい特徴によって、システム管理がやりやすくなるでしょう。プログラマーやエンジニアにとって管理しやすい環境が整っていれば、どんな環境下で作業をしても柔軟に管理できます。

WindowsPowerShellを身に着けると出来ること

  1. 作業の自動化
  2. 様々なデータへアクセスできる
  3. オブジェクトが手軽に渡せる

WindowsPowerShellには様々なメリットがあり、身に着けるだけで作業の効率化に大きく貢献するでしょう。今まで時間がかかってばかりの仕事を自動化して大幅な時間短縮もできますし、様々なデータへのアクセス手段にも困りません。

WindowsPowerShellを身に着けるとできることについてみていきましょう!

①作業の自動化

WindowsPowerShellが開発される前までは、毎日同じことを繰り返し行っていたり、大量のファイルを処理したりと時間がかかることばかりでした。

しかしWindowsPowerShellが開発されたことで、今まで行っていた作業が自動化されるようになったのが大きなメリットです。

面倒な作業から解放されるだけでなく、WindowsPowerShellによるCUIによって一度でも書いた命令は何度でも利用できます。

マウスで操作しても良いですが、コンピューター自身が学習して作業をこなすので大幅な時間短縮にも繋がります。

②様々なデータへアクセスできる

これまでのコマンドプロンプトは取り扱うデータごとに操作方法が違うため、操作方法のミスが起こりやすい欠点がありました。

ですが、WindowsPowerShellを身に着ければ、様々なデータに対してドライブとしてアクセスできるのがメリットです。

ドライブに収納されたファイルにアクセスするだけの簡単な方法で様々なデータにアクセスできるため、操作方法を間違えることがありません。関数やファイルシステム、レジストリやエイリアスなど多くのデータへ簡単に入れるので、アクセス手段に困ることなくアクセスできます。

③オブジェクトが手軽に渡せる

これはコマンドプロンプトとWindowsPowerShellで大きな違いがあります。

まず、従来のコマンドプロンプトだと結果が出力されている部分を抽出し、その後に変数に保存するかファイルに書き出すか好きな方を選び、一行ずつ呼び出してファイルの更新日までを空白などに置き換えます。

最後に空白を削除するといった一連の作業が必要なので非常に手間がかかります。

WindowsPowerShellの場合だとNameプロパティをSelectするだけで良いので、全く手間がかかりません。これならオブジェクトを渡すのが一気に簡単になるため、作業時間の短縮になります。

WindowsPowerShellの平均年収は500万円~800万円

WindowsPowerShellが開発される前までWindowsは使いにくいコマンドラインツールやソフトウェアを開発してきました。しかし、WindowsPowerShellが開発されたことによって、Windowsは大変使いやすく、機能を最大限活かせるようになったので作業がやりやすくなっています。

そんなWindowsPowerShellエンジニアの平均年収は500万円~800万円です。

WindowsPowerShellはWindowsの機能を最大限活かせる大変画期的なCUIであり、多くの企業で採用されています。作業の自動化など様々な機能によって作業効率が大幅にアップするため、Windowsを使っているなら是非とも身に着けておきたいシステムだと言えるでしょう。

メンテナンス性も高く、操作性や拡張性などにも優れているので初心者でも扱いやすいのがメリットです。WindowsPowerShellを身に着ければ、Windowsを扱う企業にとって即戦力になれる可能性があります!

まとめ

  • Windows7から標準搭載されている
  • 今まで面倒だった作業が自動化される
  • WindowsPowerShellが標準搭載されていれば、すぐに使える
  • 豊富な機能があるのでコマンドレットが使いやすい
  • 平均年収は500万円~800万円

WindowsPowerShellは○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!
\外出不要で説明会に参加/
今話題の国内No1プログラミングスクール!いまなら参加者限定特典あり。
TECH::CAMPオンライン説明会
\【参加者特典あり】外出不要の説明会/
TECH::CAMPオンライン説明会