プログラミング言語解説

Pythonとは?出来ることや平均年収を解説【入門】

Python

プログラミング言語界のオールラウンダーと言えば、Pythonが挙げられるほど有名な言語です。

近年注目されているAI技術や教育分野、Web開発など様々な面でかなり活用できる利便性と汎用を兼ね備えた言語であり、初心者でも手軽に勉強できます。

初めてプログラミング言語を勉強するのであれば、まずはPythonから初めてみるのもいいのではないでしょうか。それでは、Pythonでできることは平均年収などをご説明いたします。

Pythonは現役プログラマーがおすすめする言語第1位に選ばれました!
記事の末尾で紹介します。

Pythonとは

  • コード量が少ない
  • 初心者にも理解しやすい
  • 用途が非常に広い

コード量が少ない

Pythonとはコードの見づらさや読み間違い、書き間違いを減らすために徹底されているプログラミング言語であり、コードの読みやすさや書くコード量の少なさに特化しているのが最大の特徴です。

様々なソフトウェアやシステムなどを開発するにあたり、開発効率というのは非常に重要です。開発効率が悪くなるとリリースまでの期間が長くなりますし、クライアントからの依頼の期限が迫って焦ることになるでしょう。

開発効率が悪くなるのは、プログラムの規模が大きくなってコードが複雑になってしまうからです。コードが複雑になると書き込む量も増えますし、何より全てのコードを読み込む際に読み間違いが発生したり、書き間違いが見つかってエラーが発生したりしてしまうでしょう。

そういった問題を解決できるのが、Pythonです。

Pythonは長いコードを書きこむ必要性がないので、読み間違いや書き間違いによるミスを可能な限り減らすことができます。コードが見づらいこともなくなるため、一気に開発効率が高くなるでしょう。

初心者にも理解しやすい

Pythonはとにかく読みやすいコードが書けるように設計されているため、使用できるのは初心者でも理解できるような簡単な文法しかありません。

これにより、チームの仲間が書いたコードも読みやすくなるため、チーム全体での作業効率もアップします。

特に誰かが書いたコードが解読できる・できないは非常に大きなもので、開発段階において作業効率に大きく影響されます。誰でも解読できるコードであれば作業効率がアップするため、初心者でも問題なく開発が進められるでしょう。

用途が非常に幅広い

Pythonは初心者でも簡単に扱える言語でありながら、幅広い分野で活用できる言語でもあります。

初心者の登竜門でもあり、今話題の人工知能の分野でも活用されているので様々な企業でPythonが使える人材を求めています。特に人工知能の分野に携わりたい人はPythonが使えることが必須とされているほど重要な言語なので、Pythonについて詳しく勉強する必要性があるでしょう。

Pythonは非常に身近な言語であり、世界中で広く使われているYouTubeやインスタグラムにも活用されているほどです。初心者向けの言語なので、興味がある人は是非とも勉強してみてください!

Pythonを身に着けると出来ること

  1. Webサービスの開発
  2. データ分析
  3. 人工知能の開発・制作

Pythonは大変簡単な言語でありながら、私たちの身近なところで活用されている部分でも使われています。非常にシンプルだからこそ様々な分野で活用されているので、数多くの企業で使用されているのも頷けます。

それでは、Pythonを身に着けるとできることについてご説明しましょう。

①Webサービスの開発

私たちが普段スマホやパソコンなどで利用しているサービスにはPythonが使われています。

例えばYouTubeやインスタグラムなど

身近にあるサービスには大抵Pythonが使われています。

Pythonは書き込むコードの量が少なくて済む割に、精巧なサービスを提供できるのが大きな強みです。

その他にも作業の効率化やSNSなど多方面でPythonが利用されているため、Pythonは様々なサービスの根幹を支えているといっても過言ではありません。

さらに、Pythonは少ないコード量で良いので、メンテナンスも簡単にできます。

メンテナンスが簡単にできるからこそ、大掛かりで大規模なWebサービスの開発や制作に取り掛かれると言えます。

②データ分析

実はPythonはデータ分析にも長けている特徴があります。

Pythonは統計学を用いてデータ分析を行う際に活用されており、その利便性の高さが作業の効率化に貢献しています。

もちろんPythonでなくてもC言語やJAVAなどの言語でも統計学のデータ分析を行うことができますが、他の言語でデータ分析を行うくらいならPythonを有効活用する企業も存在します。

他の言語よりPythonを活用する理由は、様々な処理を行うならPythonの方が簡単に済ませられるからです。

統計学のデータ分析というのは何度も条件を指定したり繰り返し処理を行なったりと時間がかかります。処理速度の問題もありますが、同じ処理を行うなら簡単な言語の方が効率良く処理ができます。

③人工知能の開発・制作

今話題の人工知能の開発や制作にもPythonが活用されています。

人工知能の開発や制作を行う上で重要なのは、自動的に学習して知識を蓄える機械学習とディープラーニングです。この機械学習やディープラーニングのライブラリを作成するのに手軽な言語として、Pythonが活用されています。

簡単な言語で人工知能の開発や制作が行えるため、人工知能までも作りやすいことからPythonは世界中で重宝されているのです。

AIといったらPythonと思うプログラマーもたくさんいます!

Pythonの平均年収は650万円~900万円円

Pythonは数あるプログラミング言語の中でも特に初心者が覚えやすい言語であり、それだけ多くのエンジニアがPythonの勉強からはじめていると言えます。

様々な企業がPythonを活かせるエンジニアを求めているため、求人数も安定しているのも人気の理由です。

気になるPythonエンジニアの平均年収は、およそ650万円~900万円となっています。Pythonは実質的に初心者でも覚えやすい言語であり、手始めに覚えるプログラミング言語としては有用な選択肢だと言えます。

Pythonエンジニアを求めている企業の多くは月収平均65万円~90万円を提示していて、即戦力と慣れれば最初から高い月収で稼ぎ出すことも可能です。

求人数が多く、初心者でも勉強しやすい特徴を活かせばだれでも即戦力として活動できるかもしれません。

Pythonを0から学ぶためには【入門】

 

Pythonを学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。Pythonの基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • Pythonはオールラウンドな使い方ができる
  • 初心者でも手軽に勉強できる
  • 読みやすく書きやすい
  • 一流大学でも活用されている
  • Pythonエンジニアの平均年収は650万円~900万円

Pythonは○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!