プログラミング言語解説

Rubyとは?出来ることや平均年収を解説【入門】

RUBY

プログラミング言語の一つであるRubyは、是非とも覚えておきたい言語と言われています。様々なプログラミング言語の中でもRubyは特に人気の一つと言われていて、中には非常に美しい芸術的な言語だと言う人もいるほどです。

Rubyでできることは多くあるので、興味がある人は是非とも学んでみてはいかがでしょうか。それでは、Rubyでできることや平均年収を解説しましょう。

Rubyは現役プログラマーがおすすめする言語第5位に選ばれました!
記事の末尾で紹介します。

Rubyとは?

  1. 日本人が開発した言語だから日本人でも使いやすい
  2. いちからコードを書く必要がない
  3. 用途が広い
特に①はプログラミングを学習する際に非常に重要なポイントです。

Rubyとはプログラミング言語の一つであり、まつもとひろゆきという日本人が開発した言語です。Rubyはオブジェクト指向のスクリプト言語であることが特徴です。

例えばオーソドックスな言語であるJavaやCはコンパイラ言語であり、プログラムを実行する際にコンパイルという手続きを行わなければなりません。

しかしRubyはスクリプト言語なのでコンパイルによる手続きを行わなくてもプログラムを実行できます。このことから手間をかけることなくすぐにプログラムが実行できるので、プログラミングが手軽にできるというメリットがあります。

さらに作業効率化に役立つのもRubyならではの特徴であり、オブジェクト指向言語の機能も使えます。これにより、一からコードを書く必要性がないので作業負担や作業時間の短縮になるでしょう。

Rubyはとにかく書きやすい

Rubyが人気を誇る一端となっているのが、他の言語と比べてコードが読みやすく書きやすいことです。他の言語の場合だと十分勉強していないと、コードが読みにくかったり書きにくかったりするケースが多くあります。

しかし、Rubyは読みやすく書きやすいので書くコード量が少なくて済みます。必要ないコードを省いて無駄なくコードが書けるなど、初心者でも入り込みやすい言語だと言えるでしょう。

日本人が開発したのが大きなポイント

そしてRubyは日本発の言語というのもポイントです。

まず、多くのプログラミング言語は英語圏発の言語であることが多いため、英語力で躓いてしまうことが後を絶ちません。英語の情報を読み取る時間に時間を割いてしまうと、勉強時間も膨大になりやすいという欠点を抱えていました。

しかし、Rubyは日本発の言語なので日本語の情報がメインとなっているため、情報が多くても難なく勉強できるのが大きなポイントです。英語力に躓くことなくスムーズに勉強できるので、初心者にもおすすめの言語となっています。

Rubyは需要が多い

RubyはRubyエンジニアが不足しているほど幅広い用途で使用されているメリットがあります。

大手企業でも一定数以上の採用数を確保しているため、給料も高いなど需要がかなり高いです。初心者でも手軽にRuby言語について勉強できる以上、Rubyエンジニアは多すぎて困ることはないかもしれません。

RubyにはRuby on railsという便利なはフレームワークがあります。

Ruby on Railsとは?活用事例と平均年収を解説

Rubyを身に着けると出来ること

  1. ブログ作成
  2. SNS
  3. API

Rubyを身に着けることでできることは多くありますが、代表的な3つを挙げるとすれば以上の3つが挙げられるでしょう。

Rubyはプログラミング言語を学ぶなら身に着けておいて損はありません。他の言語では手間がかかることでも、Rubyなら簡単にできます。

それでは、Rubyを身に着けるとできることについてご説明しましょう!

①ブログ作成

プログラミング言語でブログを作成するとなるとWordPressを思い浮かべるかもしれませんが、ブログを作成するスピードには劣るもののRubyでもブログが作成できます。確かにWordPressの方がブログ作成のスピードが圧倒的に早いです。

このことからアフィリエイト目的などでWordPressを使用しているケースは非常に多いです。しかし、ブログを作成した後はRubyの方が機能を追加したり管理したりと扱いやすくなるメリットがあります。

つまり、最初に手間がかかるのはブログを作成する時だけなので、後々のことを考えるならRubyの方が良いということになるでしょう。

②SNS

Rubyを説明する上で欠かせないのが、Webアプリケーションフレームワークの「Ruby on Rails」です。Ruby on Railsは、なんと簡単なコマンド入力を行うだけでWebサイトが自動で作成できてしまうこれまでの常識を覆す方法です。

WebサイトだけでなくTwitterを初めとする多くのSNSもRubyで作成できてしまいます。プログラミング言語の初心者でも簡単にユーザー機能やログイン機能などが設定できるため、自分だけのSNSが作成できるでしょう。

③API

APIとはサーバーのプログラムの一つであり、サーバー上でデータを保存したり処理したりできるのが特徴です。多くのスマホアプリは基本的にJavaなどの言語が使われていますが、これらの言語で完結させる際にサーバー上でデータの保存・処理を行いたい場合はAPIを実装しなければなりません。

このAPIを作成する時にRubyが使われています。Ruby on Railsを使用すれば簡単にAPIが作成できるので、スマホアプリなどを作成する時はRuby on Railsを使ってAPIを作成してみましょう。

Rubyは主にWebアプリケーションやWeb開発に使われており、あのクックパッドやhulu、Twitterを初めとするサービスにも使われています。身近なサービスにもRubyが使われているため、とても親しみやすい言語だと言えるのではないでしょうか。

Rubyの平均年収は600万円~1000万円

人気が高いプログラミング言語であるRubyをメインに活用するエンジニアの平均年収が気になりますよね?

Rubyエンジニアは大企業を初め、様々な企業での採用率が高い傾向にあるので重宝されている存在であることに変わりはありません。

総じて需要が高く、任せられる仕事の幅も広いので月収も高い傾向にあります。Rubyエンジニアの平均年収は、スキルや経験によって違いますが約600万円~1000万円となっています。

これは基本的なRuby言語を扱える人からベテランの人までスキルや経験の差があるため、月収50万円~100万円が相場となっているからです。

企業に勤めているRubyエンジニアはもちろん、フリーランスのRubyエンジニアも重宝されているので年収1000万円のエンジニアも存在します。このことから、Ruby言語のスキルや経験があるほど年収も上がると言えるでしょう。

Rubyを0から学ぶためには【入門】

Rubyを学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。Rubyの基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • Rubyは人気の言語
  • Rubyは日本発の言語で自由にコードが書ける
  • Rubyは大企業でも採用されているほど幅広い用途で使われている
  • ブログ作成やSNS、APIにも使われている
  • Rubyエンジニアの平均年収は600万円~1000万円

Rubyは○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!