プログラミング言語解説

Swiftとは?出来ることや平均年収を解説【入門】

Swift

様々なプログラミング言語を知っている人でも、Swiftについて詳しく知らない人もいるのではないでしょうか?

実はSwiftは開発されてから日が浅いプログラミング言語であり、他のプログラミング言語と比べると除法が浸透しきれていない状態にあります。

そんなSwiftですが、未知数のプログラミング言語なので活躍できる場面は多くあります。

今回はSwiftでできることや平均年収についてご説明していきます!

Swiftとは

  • 2014年に開発されたばかりの言語
  • 主にApple社で使用
  • 読みやすく・書きやすい言語
  • リアルタイム性に優れている

Swiftは2014年に開発されたばかりの言語

Swiftは2014年に開発されたばかりの新しいプログラミング言語であり、主にApple社で使用されています。

Apple社ではそれまでObjective-Cというプログラミング言語を使って様々なアプリを世に提供してきました。しかしObjective-Cは特徴的な構文などを理解しなければ使いこなせないという欠点を抱えていたため、開発効率が悪くなりやすい問題がありました。

そこで開発されたのが、初心者でも手軽に習得できるSwiftです。

Swiftの特徴は、

  • 現代的
  • 安全性
  • リアルタイム性

3種類です。Swiftは現代的、つまりモダンという触れ込みで開発されてきました。

モダン(現代的とは?)

モダンというのは、誰でもコードが書けて読みやすいという意味です。

複雑になりがちなコードでも、Swiftによって書きやすく読みやすいコードであれば開発効率が大きく向上します。またSwiftは安全性が高いことでも知られています。Swiftは不具合が起こりにくい言語なので、エラーが出て焦りやすい初心者に優しい言語です。

どんなエンジニアであっても思い込みによるミスが発生する可能性がありますし、ミスが起こらないように意識しながらコードを書くのはとても大変です。ですがSwiftは最初からミスが発生しにくい設計になっているので、安心して開発に集中できるのが大きなメリットです。

リアルタイム性に優れている

Swiftの最たる特徴の一つと言えるのが、リアルタイム性です。これまでコードを書き込む時、書き込んだコードがどのように反映されるのか実際にアプリケーションやサイトを確認しなければなりません。

Objective-Cでも同じように実際にどんな動作をするのか実行しなければならなかったため、開発に時間がかかっていました。

たった数行の変更でも確認しなければならなかったので、効率が悪いという欠点があります。ですが、Swiftは書き込んだコードがリアルタイムでどんな動作をしているのか確認できるため、逐一実行しなくても結果がすぐに分かります。

この機能はPleygroundと呼ばれ、開発効率を大きく向上させることが可能です。これならたった数行の変更があっても実行する手間が省けるので、エンジニアの手を煩わせません。ここまでの機能を持っているということから、世界中で注目されている言語となっています。

Swiftを身に着けると出来ること

  1. Objective-Cよりも読みやすいコードを書くこと
  2. Apple watchアプリが作れる
  3. WebアプリケーションやWebサーバーが作れる

Swiftは主にApple製品の開発に使われるプログラミング言語であり、Apple社でエンジニアとして働くのであれば是非とも習得しておきたい言語です。コードが読みやすく、様々な製品の開発に携われるようになれば活躍の場が一気に広がります。

それでは、Swiftを身に着けるとできることについて説明していきます!

①Objective-Cよりも読みやすいコードを書くこと

Swiftでできるのは、Objective-Cよりも読みやすいコードを書くことです。

Objective-CはApple社でプログラムを書く際に使われている言語ですが、如何せん書き込むコードの量が多くなりがちなので読みにくいプログラムができることが多々あります。

もちろんObjective-Cによって様々なアプリなどが開発されていきましたが、読みにくいコードというのは開発段階でも厄介になりがちです。

Swiftはその欠点を克服しており、大変読みやすいコードで開発が進められます。コードが読みやすくなれば、開発に手間取ることなく様々なアプリなどが開発できるでしょう。

②Apple watchアプリが作れる

Apple watchとはアプリが操作できる腕時計のようなもので、ウェアラブルと呼ばれています。

このウェアラブルに使われているアプリにはSwiftが使われているので、Swiftが使えれば様々なアプリの開発及び制作が可能になります。

ウェアラブルは近年開発されたばかりの発展途上技術なので、Swiftエンジニアにとって様々なチャンスが掴める分野だと言えるでしょう。

③WebアプリケーションやWebサーバーが作れる

Webアプリケーションを開発するだけなら他の言語でもできますが、SwiftでWebサーバーも作れるようになったので通信が発生するアプリの開発及び制作に大きく貢献しています。

Webアプリケーションの開発とWebサーバーの開発が同時に進められるのは大変革新的で、開発効率を大きく向上させることが可能になりました。

それまではWebアプリケーションとWebサーバーを別々に開発しなければならなかったので、Swift一つで二つが同時に開発できるようになったのは大きなメリットです。

Swiftの平均年収は500万円~700万円

Swiftは新しく開発されたばかりのプログラミング言語であり、実力は未知数の域を出ないと言えます。しかしそんなSwiftでも多くのエンジニアに注目されており、今後もSwiftを簡単に使いこなせるエンジニアが活躍することが予想されます。

そんなSwiftエンジニアの平均年収は500万円~700万円となっています。

新しく開発されたばかりのプログラミング言語にしては平均年収が高めのように感じられますが、これはまだまだSwiftエンジニアの人数が少ないからです。

多くの企業がSwiftを扱えるエンジニアを探していても、未だにSwiftを使いこなせていない現状が続いているので需要と数が合わない状況になっています。

Swiftは初心者でも習得しやすい言語なので、今からでもSwiftを習得すれば就職先や転職先に困ることはないと言えます!

特にObjective-Cとの相性も良いので、Apple社で働いている人や働きたい人はSwiftが有効的に活躍する可能性が高いです。興味がある人は是非ともSwiftを勉強して習得してみてはいかがでしょうか。

Swiftを0から学ぶためには【入門】

Swiftを学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。Swiftの基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • 2014年に開発されたばかりの新しいプログラミング言語
  • Swiftは初心者でも習得しやすい
  • 読みやすいコードが書ける
  • Apple製品の開発に特化している
  • 平均年収は500万円~700万円

Swifは○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!