プログラミング言語解説

HTML・CSSとは?出来ることや平均年収を解説【入門】

HTML&CSS

プログラマーとして必ず通る道であるHTMLとCSSは、初心者でも覚えられる基本的なコードです。この2つのコードがなければサイトとして成り立たないため、基本的でありながらほとんどのサイトやブログに必要不可欠なコードでもあります。

ここから様々なプログラミング言語を学びますが、HTMLとCSSだけでも職業として働くことも可能です。

それでは、HTMLとCSSでできることや平均年収について紹介していきます!

HTML・CSSは現役プログラマーがおすすめする言語第3位に選ばれました!
記事の末尾で紹介します。

HTML&CSSとは

  • HTMLはハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ
  • CSSはカスケーディング・スタイルシート
  • HTMLは云わばページの土台のようなコード
  • CSSは綺麗に装飾するためのもの

HTMLはハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略称であり、CSSはカスケーディング・スタイルシートの略称です。これらはプログラマーにとって基本中の基本であり、最初に理解するべき大切なコードです。

HTML・CSSの役割

HTMLは主にテキストを表示させ、CSSはテキストの装飾を行うのが主な役割です。この2つのコードは全く別物ではありますが、これらが合わさってこそ初めて機能するコードだと言っても過言ではありません。

HTMLは云わばページの土台のようなコードであり、CSSによって綺麗に装飾されるのが一般的です。もちろんHTMLだけでもページを作成することができますが、後から変更したい部分があると個別に修正しなければなりません。

例えば同じページ内に同じテキストがいくつもある場合、そのテキストの色を変える時は逐一個別に設定する必要性があります。しかし、CSSであれば個別ではなく全て一括で変更できるので、変更する手間が省けます。

また、HTMLのみでページを作成する場合、コードが乱雑になって文章構造が乱れやすくなるのが欠点です。しかし、CSSを使いながらコードを書き込むことによって乱雑にならずにバランス良く構成されるメリットがあります。

SEOを意識したページ作り

さらに、SEOを意識したページ作成も可能です。SEOとはサーチエンジン最適化のことで、検索エンジンにキーワードを入力した際に自分のサイトやブログが上位に表示されていればSEOに成功していると言えます。

SEOを意識するならサイトやブログが素早く表示されるようにすると評価されるため、ページを軽量化するためにはHTMLとCSSを駆使することが重要です。

コードが乱雑で量が多いとそれだけページの表示速度が遅くなってしまうため、HTMLとCSSで指定すれば余分なコードが必要なくなるので、ページが軽くなります。

プログラマーとしては他の言語を学ぶ必要性がありますが、基本的なことができてこそ他の言語もスムーズに学べると言えます!

HTML&CSSを身に着けると出来ること

  1. Webページが作れる
  2. 魅力的なページが作れる
  3. サイトやブログなどが作成できる

HTMLとCSSを身に着けることで、様々なサイトやブログを手掛けることができます。これさえ覚えればプログラマーではない人でも自分ならではのサイトやブログが作れるのが大きな強みです。基本的なコードなので、プログラマーを目指している人でも覚えやすいでしょう。

①Webページが作れる

まずHTMLでできることは、Webページの作成です。

普段何気なく表示されているWebページですが、現在表示されているページのほとんどはHTML文書で作成されています。一見すると普通の表示されているページの裏側では、たくさんの英語がズラリと並んでいるでしょう。

これはHTMLタグと使ったソースコードによって構成されており、このソースコードを書き込むことによってWebページ内の表示や動作を変更することができます。ただし、HTMLコードだけだとCSSが使われていないため、文章によって構成された非常に簡素なページが表示されるだけです。

②魅力的なページが作れる

上述したようにHTMLだけでは簡素なページしか表示されないので、CSSを活用して魅力的なページに作り替えていきます。

CSSでできることは、テキストやテキストの背景などに色を付けたり挿入した画像の大きさを調整したりと様々なことができます。

CSSの役割は簡素なページをいかに魅力的に装飾できるかどうかです。

簡素なページでは誰も継続して閲覧してもらえないので、CSSを駆使していかにユーザーに対して魅力的に見せられるかどうかが大きなポイントです。

③サイトやブログなどが作成できる

HTMLとCSSを駆使すれば、どんなサイトやブログでも思うままに作成できます。みなさんは違う人のサイトやブログを閲覧した時に見やすくてデザインも凝っていて、大変魅力的だとなんとなく思ったことはありませんか?

それはそのサイトやブログを作成した人がHTMLとCSSを駆使して様々な装飾にこだわっているからです。

誰もがまた閲覧したくなるサイトやブログを作成したいのであれば、どのようなデザインにしたいのか考えた上でHTMLやCSSを駆使することが大切です。

HTML&CSSの平均年収は350万円~450万円

プログラマーと言えば様々なプログラミング言語を学ばなければならないと思われるかもしれませんが、一番基本的なコードであるHTMLとCSSを先に学ぶ必要性があります。

HTMLとCSSはプログラマーにとってなくてはならないコードであり、HTMLとCSSさえ覚えれば職業にできるほどです。

そんなHTMLとCSSエンジニアの平均年収は、およそ350万円~450万円となっています。

一番基本的なコードが扱えるということでプログラマーとして働くことはできますが、必要最低限のコードなのでHTMLとCSSが扱えるだけでは少々心許ないと言えます。

基本的になくてはならないコードとはいえ、多くの企業はJAVAやJavaScriptといったその他のプログラミング言語が扱えることを前提としている傾向にあります。

このことから、HTMLとCSSが扱えるだけでは平均年収も低めになってしまいます。

ここから平均年収を上げたいと思うなら、何らかのプログラミング言語を学ぶのがおすすめです。まず最初に企業に就職して働きながら勉強するのも良いですし、HTMLとCSSだけでなく他のプログラミング言語を学んでから就職・転職を目指すと良いでしょう。

基本的でありながら必要不可欠なHTMLとCSSを学ぶことは決して無駄ではないので、他の言語の習得を目指しましょう!

HTML・CSSを0から学ぶためには【入門】

HTML・CSSを学習するためにはプログラミングスクールに通って学習する方ほとんどです。

ただしまったく未経験であれば動画で基礎的な概要を理解しておいたほうが無難です。※途中で挫折するのを防ぐためです。

動画であれば「視覚」「聴覚」で効率的に学習できます。

おすすめはUdemyです。HTML・CSSの基本的な動画を低価格で学習することができます。

Udemy(ユーデミー)
Udemyは世界最大の動画学習プラットフォームです。80,000以上のコンテンツから自分の学習したい言語を学ぶことができます。価格も安いので動画で学ぶというのがどういうものか知りたい方にもおすすめできます。
料金 各コンテンツによって異なる
無料期間 無料コンテンツあり
学べる言語 すべて

Udemy公式サイト

30日間全額保証付きです。

まとめ

  • ほとんどのサイトやブログに必要不可欠なコード
  • 初心者でも簡単に覚えられる
  • サイトやブログのページを作成したり、テキストの色を変更したりする
  • HTMLはページ作成、CSSはデザイン
  • 平均年収は350万円~450万円

HTML・CSSは○○位!!

初心者におすすめのプログラミング言語12選【現役30名に聞いた】

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!