よくわかる選び方

プログラマーの将来的なキャリアを5つ紹介します

プログラマーは将来性もあり、年々需要も高くなっている職種です。

そのため今では学生や第二新卒など、多くの方がプログラマーを志望しています。

プログラマーになることはしっかりとした知識と経験を積めば難しいものではありませんが、では将来的にプログラマーはどのようなキャリアを歩むのでしょうか。

今回は実際に活躍するプログラマーのキャリアを例に挙げながら、具体的なイメージをご説明していきたいと思います。

プログラマーの将来的なキャリアを5つ紹介します

プログラマーとして働いた場合、将来的には以下のようなキャリアが考えられます。

  1. システムエンジニア
  2. ベテランプログラマー
  3. フリーランス
  4. サポートエンジニア
  5. プロジェクトマネージャー

①システムエンジニア

まずプログラマーのキャリアアップで最も多いのは、システムエンジニアになる道です。

特に新入社員というプログラマーが次から次へと生まれる大手IT企業の場合、現場のOJTでソフトウェア開発全般の仕事を学びながら、徐々にシステムエンジニアと言えるだけの知識や経験を得るケースが非常に多い実態があります。

私の同僚や後輩を見ていると、大半の人が新卒入社から1年以内に「自分はシステムエンジニアです!」と言えるだけのステップアップをしているように思えます。

そのため大手企業では基本的に、数年という長い期間に渡ってプログラミングのみに専念する社員は非常に少ないと捉えた方が良いかもしれません。

しかしながら、開発要員が不足しているプロジェクトに配属された場合、ベテランのシステムエンジニアであってもプログラミングやテストに携わるケースもあります。

したがって、ソフトウェア開発業界におけるスキルアップのスピードは、入社する会社の実情や参加プロジェクトによっても大きく変わると捉えた方が良いでしょう。

そのため、プログラマーが効率よく高いキャリアを目指すには、これから応募する企業や業界分析をしっかりおこなう必要があると言えそうです。

②ベテランのプログラマー

業務委託でプログラミングの仕事を請け負う会社に就職した場合、開発現場全体を見るシステムエンジニアではなく、高い技術と経験を持つベテランプログラマーになる道も開けてきます。

下請けをメインにおこなう中小企業の中には、社長さんが自ら客先常駐し、プログラミングのエキスパートとして開発現場を引っ張ってくださるケースもあります。

また有名企業の開発センターの中には、中国などの外国人プログラマーの割合が非常に多い現場もあるそうです。

バグのないプログラムを早く確実に作る必要のある開発現場では、元請け会社の新人プログラマーよりも、豊富な経験により信頼できるベテラン外注プログラマーの方が遥かに重宝される傾向があります。

システム開発において下流工程を担当するプログラマーには、上流工程に携わるシステムエンジニアと比べて、立場的に弱いイメージがあるかもしれません。

しかしながら開発だけでなくデバッグやバグ修正などもスピーディーかつ正確にできるベテランプログラマーの場合、システムエンジニア以上にプログラムソースに詳しく、現場を引っ張れる存在として高く評価されやすい傾向があるのです。

③フリーランス

ベテランプログラマーに関連しますが、高いスキルを持っている場合はフリーランスになるのもキャリアのひとつです。

特定業務やプログラミング言語に精通したスキルをもったフリーランスは、どこでも通用する、手に職がつけられるという意味でも、経済的な自立に適した職種です。

首都圏のように多くの開発現場のある地域に暮らす人には、会社員ではないフリーランスのプログラマーとして活躍する道もおすすめします。

追記

今ではPC環境さえあれば仕事ができるの案件も多いので、場所を選ばず働けるのもフリーランスの魅力です。

フリーランスエンジニアに安心保証と豊富な案件紹介を【midworks】

③サポートエンジニア

ライフイベントの変化により、長時間の残業や休日出勤ができなくなったときに、今まで自分が開発していたシステムの保守運用をするサポートエンジニアにまわるプログラマーも少なからず存在しています。

特に自社パッケージの開発や販売をする大手企業の場合、各従業員の事情に合った配置換えがおこなわれるケースが非常に多いです。

今までシステムエンジニアとして開発現場を仕切っていた方がサポートエンジニアになった場合、パッケージの機能やソースの細かな部分も熟知していることから、お客様からの質問や相談にスムーズに対応できる利点があるのです。

また次のリプレイス時に、再びお客様から同じソフトウェアを選んでもらうためには、日々の運用やサポートを丁寧かつ迅速におこない続ける必要があります。

したがって、今まで開発現場で活躍してきたプログラマーがサポート側にまわることは、会社にとってもメリットの高い配置換えになるのです。

特に女性プログラマーの方が多いです。

④プロジェクトマネージャー・管理職

長い時間をかけてソフトウェア開発における経験や知識、会社側からの信頼を勝ち得た人には、上司の推薦でプロジェクト全体の管理をおこなうマネージャや、その部署の管理職になる道もあります。

開発現場のトップとも言えるプロジェクトマネージャは、必要な資材や要員の確保や、お客様などとの調整もおこなう職種となります。

一方で管理職の場合は、開発部署に所属するプロジェクトや人員全体の管理をするイメージです。

プログラマーとしてのキャリアに悩んでいる方向け

もし今プログラマーとしてのキャリアに少しでも不安に思っているのであれば、エージェントに相談することをおすすめします。

エージェントに相談すれば、自分と似た属性の方のキャリアを参考にすることができますので、自分自身の方向性を決めることに役立ちます。

おすすめはマイナビエージェント×ITです。

マイナビエージェント×IT
大手マイナビのIT専門エージェントです。求人数の豊富さはもちろん、マイナビのネットワークならではの非公開求人・担当者の質で多くのプログラマーを転職成功に導いています。今すぐ転職したくなくてもキャリアに不満があれば相談だけしておいて損はありません!
おすすめ度
求人数 5000件以上
こんな人におすすめ ・キャリアに悩んでいる方
・今の年収に不満がある方
・社内SEを目指す方

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

まとめ

ソフトウェア開発の現場で活躍する技術者のキャリアは、入る会社や、自身のライフスタイルの影響を大きく受けやすい実情があります。

そのため、IT業界を目指す段階で既にシステムエンジニアやプロジェクトマネージャといった目標が決まっているときには、そのゴールに確実に近づける方法や就職先を模索する必要があるでしょう。

また、プログラマーとしての経験がキャリアアップの土台となるこの分野では、20代の若いうちにある程度の方向性を定めた上で、コツコツと努力をしておくのが理想となりそうです。

お得なキャンペーン情報まとめ
おすすめの記事が見つかりました!